おいしいのはどれ?食卓が変わるだし選び みんなが笑顔になれる、おいしいだしを見つけよう。
だしが変われば、いつもの料理がプロの味に!

このサイトは、「おいしい料理を作って、みんなを喜ばせたい」と願う人のために、いつもの料理をワンランクアップさせてくれる「だし」を紹介。ここを読めば、だしについての知識が深まること間違いなし。通販やお取り寄せで人気を集めているだしパックについてもリサーチしているので、ご家庭にぴったりのだしを見つけてください。

食卓が変わるだし選びHOME » 巷で人気のあごだしとは? » あごだしレシピ 初級編

あごだしレシピ 初級編

ここでは、あごだしの簡単な使い方として、初心者向けのお手軽レシピをいくつかご紹介します。

あごだしを使った簡単レシピ

手作りポン酢

(材料)

  • かぼすやユズの果汁…100㏄
  • 醤油…100㏄
  • 酢…50㏄
  • 薄口しょうゆ…50㏄
  • みりん…70㏄
  • あごだしの出汁パック…1袋(8~10g)

(作り方)

  1. かぼすやユズを絞って果汁を100㏄とる。茶こしを通すとタネが取りやすい。
  2. すべての材料を合せてよく混ぜる。煮沸消毒したビンに移し、冷蔵庫で保存する。1週間たったらだしパックを取り出す。

だし醤油

醤油200ml にあごだしの出汁パック1袋(8~10g程度)をそのまま入れて2~3日冷蔵庫で寝かせる。これだけで大変風味の良いだし醤油が完成。冷蔵庫に保存してなるべく早く使い切るようにしましょう。漬けこむ時の容器を消毒しておくと長持ちします。

炊き込みご飯

炊飯器にお米と具を入れる時に出汁パックも一緒に入れ、普通に炊く。米一合に対してだしパック1袋(8~10g)を使うのが目安です。だしの旨みが染み込んだ絶品の炊き込みご飯ができます。なお、下味のついただしパックを使う場合は、その他の調味料を控えめにして、お好みで味を調えましょう。

※例)シラスの炊き込みご飯

(材料)

  • 米2
  • あごのだし汁400cc
  • しょうゆ
  • 大さじ1
  • みりん小さじ2
  • しらす50g
  • 小ネギ適量

(作り方)

最初にだしパック1袋と水400ccでだしを作り、米と調味料と共に炊飯器に入れて炊く。炊き上がったらしらすを混ぜ込んで、刻んだ小ネギをトッピングして完成。

水だし

煮出す時と同じ分量の水にあご入りの出汁パックを入れ、冷蔵庫で1晩置いておくだけです。そのまま使えるので朝のお味噌汁に使うと便利。下味の付いた出汁パックならシンプルにお吸い物として飲むのもおすすめです。お茶漬けに使うのももちろんおいしいですよ。

おにぎり

あごだしパックの袋を破き、中身を出して好みで醤油を少々まぶし、炊き立てのご飯に混ぜれば、栄養満点のおにぎりをすぐに作れます。軽食や忙しい朝、受験生の子どもの夜食などに最適です。

人気のあごだしを気軽にお料理に取り入れられるだしパック

支持率No.1のだしを発表!人気のだしパック試飲会レポート 人気のだしを取り寄せてみんなで試しました。

だしソムリエが伝授!だしの種類・成分ナビ

試飲会で好評のだしパックランキング

支持率1位 和食のもと
和食のもと9人中4人が1位に、3人が2位に選んだ味。「そのままでもスープとして飲めるくらいおいしい」の声もあり。
支持率2位 茅乃舎だし
茅乃舎だし9人中2人が1位に選びました。「クセがなく上品な味わい」「味のバランスが良い」と人気。
支持率3位 博多の幸うまだし
博多の幸うまだし9人中1人が1位に選びました。「だしの味がしっかり感じられる」「使いやすそう」と好評。