おいしいのはどれ?食卓が変わるだし選び みんなが笑顔になれる、おいしいだしを見つけよう。
だしが変われば、いつもの料理がプロの味に!

このサイトは、「おいしい料理を作って、みんなを喜ばせたい」と願う人のために、いつもの料理をワンランクアップさせてくれる「だし」を紹介。ここを読めば、だしについての知識が深まること間違いなし。通販やお取り寄せで人気を集めているだしパックについてもリサーチしているので、ご家庭にぴったりのだしを見つけてください。

食卓が変わるだし選びHOME » 料理別:おいしさ際立つおすすめの和食出汁 » 調味料

調味料

ここでは、調味料として使う場合に便利な出汁パックの利用法についてまとめています。

調味料としても使える出汁パック

和食のもと

出汁醤油や天つゆを作り置きしておくと、普段のおかず作りにも重宝します。ここでは簡単な作り方を紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

←使ったのはコレ。試飲会で人気No.1だった「和食のもと」です。

出汁醤油

出汁醤油は作り置きしておくととても便利。出汁パックを使うと誰でも簡単に作れます。

(材料)

  • 出汁パック…2~3袋
  • しょうゆ…1カップ
  • みりん…1カップ

(作り方)

  1. 鍋にみりんを入れて中火で沸騰させる。
  2. 醤油と出汁パックを加えて弱火で10分煮る。

粗熱をとったら完成です。めんつゆとして使うのはもちろん、お浸しや冷奴などに使ってもおいしいですよ。もっと簡単に作りたい方は、しょうゆ200㏄に出汁パックを1袋入れ、3日程漬け込むだけでもOKです。醤油から引きあげた出汁パックは、中身をフライパンで乾煎りして「ふりかけ」として食べられます。

天つゆ

出汁の香りが強い、本格的な天つゆも手作りができます。煮きりみりんを使った少し甘めの天つゆを作ってみましょう。こちらも「和食のもと/九州フードサービス」の出汁パックを使ったレシピを一例としてご紹介しておきます。

(材料)

  • 出汁パック…2袋
  • 水…400㏄
  • みりん…カップ1/2
  • しょうゆ…カップ1/2
  • 酒…大さじ1

(作り方)

  1. みりんを鍋に入れ弱火で1分煮る。
  2. 他の材料も加えて火にかけ、ひと煮立ちしたら火を止める。

少し甘めの天つゆがこれで完成です。出汁パックと分量の水は先に合わせて出汁をとっておき、後でしょうゆと煮きりみりんを加えて最後にひと煮立ちさせても良いです。

使い終えた出汁パックを無駄なく使える!佃煮の作り方

出汁を取った後の出汁パックは、佃煮にして残さず食べきることができます。ゴミも出ませんし、カルシウム豊富なのでお子様やお年寄りにもおすすめです。

(材料)

  • 使用済みの出汁パック…2袋
  • しょうゆ…大さじ2
  • みりん…大さじ1
  • 砂糖…大さじ1/2
  • 水…100㏄
  • 好みで海苔…全形3枚

(作り方)

  1. 出汁をとった後の出汁パックの袋を破って中身を鍋にあける。
  2. 海苔を小さくちぎって加え、水と調味料も入れて火にかける。
  3. 水気がなくなるまで煮詰めれば完成!

お好みで、椎茸や昆布(出汁として使ったものでOK)・きのこ類・ゴマなどを加えて作ってもおいしく、これだけでご飯が進む味です。

今夜のお料理にぴったりのだしが取れるだしパックはこちら

支持率No.1のだしを発表!人気のだしパック試飲会レポート 人気のだしを取り寄せてみんなで試しました。

だしソムリエが伝授!だしの種類・成分ナビ

試飲会で好評のだしパックランキング

支持率1位 和食のもと
和食のもと9人中4人が1位に、3人が2位に選んだ味。「そのままでもスープとして飲めるくらいおいしい」の声もあり。
支持率2位 茅乃舎だし
茅乃舎だし9人中2人が1位に選びました。「クセがなく上品な味わい」「味のバランスが良い」と人気。
支持率3位 博多の幸うまだし
博多の幸うまだし9人中1人が1位に選びました。「だしの味がしっかり感じられる」「使いやすそう」と好評。