おいしいのはどれ?食卓が変わるだし選び みんなが笑顔になれる、おいしいだしを見つけよう。
だしが変われば、いつもの料理がプロの味に!

このサイトは、「おいしい料理を作って、みんなを喜ばせたい」と願う人のために、いつもの料理をワンランクアップさせてくれる「だし」を紹介。ここを読めば、だしについての知識が深まること間違いなし。通販やお取り寄せで人気を集めているだしパックについてもリサーチしているので、ご家庭にぴったりのだしを見つけてください。

食卓が変わるだし選びHOME » 料理別:おいしさ際立つおすすめの和食出汁 » 鍋もの

鍋もの

ここでは、鍋ものに合うおすすめの出汁をメニュー別に選んでみました。

鍋料理に使うとおいしい出汁

湯豆腐

湯豆腐豆腐のふわふわ感、大豆の甘み、出汁の繊細な旨みと香りをしっかり感じられるのが、おいしい湯豆腐のポイントです。おいしい出汁を使うことはもちろん、仕上げにかつお節をトッピングすることも忘れずに。また、出汁パックとは別に昆布を用意して豆腐の下に敷くのもおすすめです。豆腐の外側の温度が70度になるように仕上げると、ふわふわの食感を楽しめるそうですよ。

 

★おすすめの出汁

てら岡の天然だし/てら岡

鰹節屋のだしパック/ヤマキ

寄せ鍋

寄せ鍋冬の定番寄せ鍋は、汁をはった鍋に野菜や肉・魚介類などいろいろな具材を入れて煮込んで作ります。地方ごとに具材や味付けが異なるものですが、全国平均では「しょうゆ味」が1位、「鍋つゆにポン酢しょうゆ味」が2位となっており、シンプルなものが好まるようです。

ベースになる出汁は、かつおや昆布、キノコや貝類など。最初に出汁パックを使ってベースを作ると後のアレンジも楽ですね。アレンジする場合、鶏ガラスープをプラスすると中華風、白みそや豆乳を加えて豆乳鍋、カレーを加えたカレー鍋等があります。出汁パックを使えば、もう寄せ鍋のつゆは買う必要がなくなります。

★おすすめの出汁

和食のもと/九州フードサービス

倖あわせだし/林久右衛門

おでん

おでんおでんのベースとなる出汁には、しっかりとした味が感じられる焼きあご入りのだしがよく合います。おいしいおでん作りのポイントは、練りものや揚げものは下茹でしておくこと、煮えにくいものや味の浸み込みにくいものから順番に煮ること、種ものを色々用意して味や食感の変化をつけることなどです。2〜3日煮込んだおでんの出汁は、旨みがギュッと詰まって飲んでしまいたくなるほどおいしいですよ。

 

★おすすめの出汁

焼きあご天然だしパック/かね七

幸せだし/味楽家

下味付きのだしパックが便利

チェック出汁パックにも色々ありますが、鍋物やおでんには後から味付けする必要のない調味料入りの出汁パックを使うのが簡単でいいかもしれません。鍋物は具材を足していくにつれてどんどん味わい深くなっていく変化が楽しいものですが、調味料入りの出汁パックを使うと出来立ての鍋でも味が決まっておいしいです。

 

★おすすめの出汁

和食のもと/九州フードサービス

旨味だし/一然

今夜のお料理にぴったりのだしが取れるだしパックはこちら

支持率No.1のだしを発表!人気のだしパック試飲会レポート 人気のだしを取り寄せてみんなで試しました。

だしソムリエが伝授!だしの種類・成分ナビ

試飲会で好評のだしパックランキング

支持率1位 和食のもと
和食のもと9人中4人が1位に、3人が2位に選んだ味。「そのままでもスープとして飲めるくらいおいしい」の声もあり。
支持率2位 茅乃舎だし
茅乃舎だし9人中2人が1位に選びました。「クセがなく上品な味わい」「味のバランスが良い」と人気。
支持率3位 博多の幸うまだし
博多の幸うまだし9人中1人が1位に選びました。「だしの味がしっかり感じられる」「使いやすそう」と好評。